このページは、香川県に存在する珍しい信号機を紹介するページです。
なお、このページでは、視覚的に面白いものを中心に、説明もできるだけ噛み砕いて紹介しておりますので、
普通の人でも楽しめる内容にしています。それでは、ごゆっくりお楽しみ下さい♪


赤が白い信号機 あれ、信号機といえば、普通は青黄赤ですよね?でも左の画像を見ると、赤だけ白い
これは赤の部分だけ発光ダイオードを使っているからなのです。
ちなみに、それ自体が赤く光るので、赤のときはちゃんと赤が点きます(^^;;)

*発光ダイオードは、西日等で点いていない信号機が点いているように見える擬似点灯を防止したり、省エネになる効果があります。 
場所:香川県三木町
高けぇ・・・・^^;; この信号機、普通の位置より高いです。
普通の位置だと、手前に鉄道の高架があり、それが邪魔になるため上に
高く設置しているのではないでしょうか。

場所:香川県綾南町
2色で塗りわけ!?^^;; 町の中心部などで、信号を茶色く塗っているケースがありますよね。
ところが、この写真のものは庇(日よけ)だけ
もとの白色のままです。ツートーンになってしまってますね。

*今は庇も色が塗られています。
場所:香川県高松市
青ではなく・・・ この場所では直進しかできないのですが、それを強調するために、
↑を使っていますが、それを青の部分にしてしまったケースです。
普通だと、矢印を1つ下につけないといけないですが、これなら節約
できますね。

場所:香川県坂出市

ホームへ戻る