珍しい信号機写真集6
ルーバー付き信号機


誤認防止のために、信号機にルーバーを設ける場合があります。
それについて紹介します。

香川県設置のもの

京三製タイプその1 踏切の直後の交差点で、青だけルーバーになっています。香川県では、更新はまずLEDで行われますが、ルーバーよるLEDの干渉を防ぐためか、電球タイプが用いられています。灯器後ろにはEシールも付いていますが、このタイプの新設は現状が続くと考えにくく、貴重です。反対側はLEDが用いられています。

撮影場所:香川県高松市
よこ 交差点風景 うしろから
プレート 参考 対面プレートLED  
 
京三製タイプその2 ここでは、連続交差点のため青にルーバーが取り付けされています。LEDの干渉を防ぐためか、ここではLEDプロジェクターが用いられています。香川の場合、最近はまず粒タイプでの設置となるため、久々にLEDプロジェクターで新設されたことになります。
対面の灯器は粒タイプです。

撮影場所:香川県高松市
ななめ 交差点風景 プレート
京三製タイプその3 前から ななめから プレート 京三製のU型LED粒灯器にルーバーを付けた例です。
角度により若干干渉もしますが、正面ならそこまで見難くはありません。
ななめですと、やっぱり干渉します。

撮影場所:香川県観音寺市
小糸製タイプその1 前から ななめから プレート 小糸製のU型LED粒灯器にルーバーを付けた例です。
青は粒が多いので、いいのですが、黄、赤の場合は干渉があり、少し見にくいかもしれないです。

撮影場所:香川県観音寺市

信号電材製タイプ
その1

サムネイルではわかりにくいかもしれませんが、青にルーバーが入っています。
信号電材製ですから、角型ルーバーをもってきてもいいように感じます。
この更新にあわせ、感知中がつきましたが平成9年製の為、
ほかの箇所で撤去されたものをリサイクルしていると思われます。

撮影場所:香川県高松市
ななめ うしろ プレート
小糸製タイプその2 交差点図
3

LED灯器のルーバー灯器の設置です。連続交差点となっており、青だけ角型のルーバーがされています。
青の部分だけは、ユニットタイプが使われています。香川県内では小糸製で角型ルーバーが設置される例は珍しいです。

撮影場所:香川県さぬき市
1 2 3
ななめ うしろ プレート
4 5 6
京三製タイプその4

連続交差点となっており、奥の信号機にルーバーが用いられています。この交差点では京三の警交1014号タイプで拡散型のLEDが使われるはずが、青だけ1世代前のLEDとなっています。

干渉対策としては、新しいタイプのほうが優れているとは思うのですが、謎の設置となっています。

撮影場所:香川県三木町

協力:徳田さん (前からのアングル撮影)
この場を借りまして、御礼申し上げますm(_ _)m

交差点風景 前から プレート
小糸製タイプその3
交差点付近画像
3

新筺体の角型ルーバータイプも設置されています。これまでとの変更点としては、ユニットタイプではなく、粒となっています。
気になる点として、青の周りが若干ぼんやりした感じになっているので、信号電材製のように特殊なレンズになっているかもしれません。

なお、この更新で京三製の赤だけLEDが撤去されました。

撮影場所:香川県観音寺市
1 2 3
ななめ うしろ プレート
4 5 6
その他各種   1、2とも連続交差点のため青だけルーバーをしています。けっこう見られるようになりました。
なお、これらは、後から青の庇だけ交換という形をとっています。

撮影場所
1: 香川県丸亀市
2: 香川県善通寺市
 

愛媛県に設置されているもの

日本信号製タイプその

FRP灯器のルーバーつきタイプです。
庇部分はFRPの毛羽立ちがないので、
金属製かもしれません。
庇の先が網目状の金具で覆われており、鳥の巣などが中に作られるのを防止しています。

撮影場所:愛媛県東温市

1 2 3
ななめ よこ プレート
4 5 6


徳島県に設置されているもの

小糸製タイプその1

鋭角交差点で、ルーバーが設置されています。初期のLED灯器で粒数が多い為、干渉に強いというメリットはあるでしょう。

撮影場所:徳島県三好市
1 2 3
ななめ プレート
4 5
小糸製タイプその2

小糸製ですが、青だけ角型ルーバーとなっています。LED部分が拡散して光るようになっており、粒のLEDのルーバーで起こるような干渉は見られません。

プレートを見てあれ?と思った方はするどいです。実はこの灯器は、ランプ部分をLEDに更新しています。1H3DNなので、昔は電球灯器だったようで、LEDを徳島特有の10周タイプに交換して、さらに青にルーバーをつけていることになります。
正解が気になる方は、ここまで白文字で入力していますので、ドラッグしてみてみてください(笑)

なお、角型ルーバーをつけている箇所は、ほかにもありました。

撮影場所:徳島県板野町

1 2 3
ななめ うしろ プレート
1 2 3


高知県に設置されているもの

京三製タイプその1 電材のような角形のルーバーをつけた京三製灯器です。
レンズはスフェリカルレンズで、右が青、左を赤点滅として同時に車を通す形となります。
その関係でルーバーをつけているのでしょう。
なお、わかりにくいかもしれませんが、左の灯器は青をつかわないので、
青の部分はマスクされています。



撮影場所:高知県高知市
1 2 3
よこ プレート 右側3灯 プレート 左側3灯
1 2 3