珍しい信号機写真集14
ダブル矢印

徳島県では、矢印灯器のダブルが見られます。↓どうぞ画像を見て納得して下さい^^;
左矢印のダブル()()が多く、稀に直進矢印のダブル()()もあります。

*一部画像では、サムネイル画像を用意しています。
画像をクリックして拡大してご覧になることをお勧めします。


最近の傾向としては、交差点の更新時に1灯矢印となることが多くなり、ダブル矢印自体減少する傾向にあります。



その1
交差点全体 正面から 左側から
右側から 後ろから 更新後の画像

日本信号+小糸の旧型の組み合わせです。小糸製の初代樹脂は存在自体が稀で、貴重でした。


(場所・・・徳島県鳴門市)

※現在は、LED灯器への更新、移設が行われて撤去されました。
その2
交差点画像 奥側灯器 手前側灯器 更新後の画像

この交差点では、1方向に2つ設置されていました。
左:日本信号初代樹脂製
+住友製
右:小糸樹脂製(網目レンズ)+小糸製
現在は、小糸製灯器に更新され、矢印は1個のみとなりました。

(場所・・・徳島県徳島市)
その3

この交差点では1基のみこのようにダブル矢印となっています。灯器は小糸製+日本信号製矢印灯です。

(場所・・・徳島県鳴門市)

※交差点形状が変わり、撤去されました。
その4
交差点全体 まえ うしろ 矢印プレート
この交差点では主側のものだけ
ダブルになっています。
灯器は、小糸製です。
(場所・・・徳島県鳴門市)
その5
この交差点では主側のものだけ
ダブルになっています。
灯器は、日本信号製ブロンズレンズ灯器です。
(場所・・・徳島県鳴門市)
その6
交差点全体 主灯 補助灯 矢印プレート
この交差点は2つともダブル矢印です。日本信号製で、主側をLEDにしています。

(場所・・・徳島県鳴門市)
その7
アングル@ アングルA 矢印灯プレート (参考)同方向補助灯
わりと最近めの日本信号製灯器のダブル矢印です。矢印灯もLEDとなっていて、プレートは1つだけ付いています。
(場所・・・徳島県鳴門市)
その8
←←→タイプ)
正面 左矢印 右矢印 3灯矢印プレート


3灯矢印ですが、←←→と配置されています。この例は稀です^^;;
また、右矢印が出ている時に歩行者信号も青になるので、注意が必要です。

※交差点形状改良時に撤去されました。

(場所・・・徳島県小松島市)

その9
↑↑タイプ)
交差点全体 アングル@ アングルA 矢印灯プレート
3灯矢印ですが、↑↑→と配置されています。この交差点の場合、3つの灯器でダブル矢印があり、6コの矢印が一気に点灯します。最近になって双子車灯の右側の灯器以外の灯器が更新されました。更新前の画像はこちらです。
(場所・・・徳島県徳島市)
その10

正面 ななめ うしろ 更新後

京三製のカマボコタイプのダブルです。徳島県は京三製があまりないため、ダブル矢印を探すのも苦労します。

(場所・・・徳島県鳴門市)

2010年度に交差点の電球タイプのLEDへの更新がありましたが、その際に矢印が1個取り外されてしまい、1灯矢印となりました。
その11

正面 ななめ
日本信号一体型タイプのダブル矢印です。更新された場合、矢印が1個減らされている箇所もありましたが、この場所はダブル設置となりました。

(場所・・・徳島県徳島市)