珍しい信号機写真集34
変則灯器 高知県編

信号機=青黄赤と言う訳ではありません。場所によって変則になる場合があります。
その場合について紹介します。


*変則灯器徳島県編は<こちら>

 


黄赤赤灯器各種

その1 アングル1 アングル2 正面 高知市中心部にある黄黄赤灯器です。

この交差点の図と動作の仕方を、交差点解説にて簡単にGIFアニメにしています。(上が北方向です)。
アングル1は西側を、アングル2は東側を見ています。

この場所、文字で表すと、キの字のような6差路です。このうち南側の東西方向は進入ができる一方通行となっています。このため、車が待つことはないのですが、二輪車を除くということから、その関係上で信号機を設置していると思われます。その2方向に対して黄色点滅として、北側の東西方向と一緒に同時に流すという制御方法をとっています(北側はこのとき青制御)。見た感じ黄色点滅側からの流れはそれほど多くなかったです。

余談ですが、南北方向は路面電車(土佐電気鉄道)が併走しています。

撮影場所・・・高知県高知市

撤去済 撤去後その2・その3の灯器になりました。
左黄色 右黄色
交差点解説 プレート(車灯)  
 
その2 左黄 右黄 その1のアングル2の灯器が、京三製のU型灯器を転用という形で更新されました。国土交通省四国地方整備局道路部のHPを参考にしますと、この区間は地中化の予定があるようで、一時的な措置ではないかと見ています。



(撮影場所・・・高知県高知市)
1 2 3
    プレート
   
その3 左黄 右黄 その1のアングル1の灯器も、電材製の黄黄赤灯器になりましたが、転用とみていいと思います。

電材製初期のタイプの為、スタンレーのブツブツレンズを使用しています。レンズ拡大部分を参考にしてください。その2に同じく一時的な措置と思われます。

(撮影場所・・・高知県高知市)
レンズ拡大 プレート
プレート
その4 左黄 右黄 この交差点は樹脂製灯器の黄黄赤灯器です。
5差路で、3箇所から同時に車を流す関係で、黄色点滅になっていると
思われます。

(撮影場所・・・高知県高知市)

撤去済 現在はデザイン灯器(青の部分マスク)のタイプとなりました。
ななめ プレート
プレート
その5 左黄 右黄 こちらも高知市中心部にある黄黄赤灯器です。

この交差点でも、他方向の信号が青の時に同時に車を流すため、注意を促す為設置していると思います。

(撮影場所・・・高知県高知市)

撤去済 撤去後その2として、転用されています。プレートが一致してます。
また、この箇所は茶色塗装で青部分マスクの3灯に更新されました。
1 2 3
正面より   プレート
 

その6

黄点滅 この灯器は樹脂製灯器の黄黄赤灯器です。
青の代わりに黄色点滅となります。

(撮影場所・・・高知県須崎市)
プレート  
   

赤黄赤灯器各種

その1 正面より なんと、偏光灯器の赤黄赤灯器です。
残念ながら、左はダミーのようです。
右赤点滅→黄→右赤のサイクルです。

(撮影場所・・・高知県安芸市)
1 2 3
その2 赤点滅 縦型設置の赤黄赤灯器です。
他の方向と同時に車を流すため、青の代わりに赤点滅となります。

(撮影場所・・・高知県須崎市)
1 2 3
後ろ プレート  
1 2