珍しい信号機写真集46
小糸製灯器(うずまきレンズ)


渦巻き模様レンズの小糸製灯器を紹介します。 四国では香川県をのぞき各県確認できています。

徳島県設置分

樹脂製タイプ

撤去済
レンズの部分をごらんいただければ渦まきレンズになっているのがよくわかると思います。
平成4年10月製で、形式が1H33PNです。
徳島県は早い時期から西日対策もされていた為、渦巻きレンズでの設置も意外とありますが、
この場所はLED灯器に更新され、撤去されています。

撮影場所・・・徳島県徳島市

ななめ よこ した
うしろ プレート  
 
金属製
セパレートタイプ

こちらは、 平成6年10月製で、アルミ分離型となっています。 形式が1H33ANです。
西日対策として、試験的に作られたものと思われます。全国的にもこのタイプの存在は少ないですが、徳島県ではこのタイプも各地で見られます。

*徳島県では、
・ブツブツレンズ(バンドミラー)タイプのセパレート灯器(形式:1H33A)も若干はありますが、基本は西日対策灯器として設置されていたようです。

参考のようなデザインアームの場所でも一部存在しています。

撮影場所・・・徳島県徳島市

レンズアップ よこ した
うしろ プレート 参考

愛媛県設置分

樹脂製タイプ

撤去済

愛媛県にも25cmレンズで渦巻きレンズの灯器があります。

矢印は松下製で後に追加されたと思われます。

撮影場所・・・愛媛県西条市

現在は、星和製のLED灯器となっています。

(2004年4月撮影)

1 2 3
ななめ うしろ 車両用プレート
4 5 6



高知県設置分

樹脂製タイプ

高知県にも、樹脂製の渦巻きレンズの灯器があります。

ただ、プレートを見ますと、形式は1H33Pとなっており、Nがついていません。

もしかしたら、設置後にレンズを更新したのかもしれません。

矢印灯は京三製の樹脂製で、網目レンズとなっています。

撮影場所・・・高知県高知市

ななめ うしろ プレート
上:車両用 下:矢印