宮城県 コイト電工(小糸工業)の信号機

車両用横型灯器
薄型
(フラット型)
アルミ一体
アルミ分割 樹脂丸型
金属丸型
10
▲画像をクリックすると該当素材に直接飛びます▲
・・・撮影協力:梶さん
・・・撤去済み
#設置度はあくまでも予測のものなので目安として見て下さい
2014年 7月25日 更新(2017年5月21日撤去情報追加)
・このページでは画像リンクにJavaScript・スタイルシートを使用しております。
 以上を対応されている環境でご覧頂くことをお勧めします。
・このページ内全ての画像の無断二次使用を禁止しております。
展覧会TOP信号機画像集県別集宮城コイト横


薄型(フラット型) 1番の信号機(06KO-H19)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●●○○○○○○○多い
追加情報 量産2代目素子配列(2代目DK2タイプ)
(後日撮影予定)
<設置場所>宮城県大崎市三本木字大豆坂
<銘板情報>
警交1014版1・1H303L・2010年1月製
<コメント>

全国の一部の県で設置が進んでいる、フードレスの極薄型灯器です。
撮影の灯器は、宮城県では初めの時期に設置されたものと思われ銘板が「小糸工業」世代のものになっています。
この場所では、雪が積もることはあまり多くないため積雪対策というよりかは強風対策の意味合いで設置された要因が強そうです。

因みに最近宮城県内で、フラット型灯器の本格設置が進んでおり推定20箇所〜40箇所位の設置数出ないかと思われます。
今後も設置が進みそうな気がします。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ



アルミ一体 1番の信号機(06KO-H01)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●●●○○○○○○多い
追加情報 初代量産型素子配列(1代目DK2タイプ)
<設置場所>宮城県名取市大手町2丁目
<銘板情報>
警交245版1・1H3GYRDK2・2005年5月製
<コメント>

東京都や一部の県を除き、標準的に設置されていたLED灯器です。
設置当時は、信号電材に次いで多くLED灯器が設置されていたと思われます。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


アルミ一体 2番の信号機(06KO-H02)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●○○○○○○○○多い
追加情報 西日対策レンズ(DN初期レンズ)
<設置場所>宮城県大崎市古川荒川小金町
<銘板情報>
警交23・1H33DN・平成12年11月製
<コメント>

宮城県北部を中心に設置されていた、西日対策レンズ搭載の灯器です。
この種類は、隣の岩手県や山形県にも多くあります。
しかし、県内ではほぼ同時期製造の非西日対策の灯器も多くあり数は少ないと思われます。
西日対策灯器ですが、何故かノーマルレンズに貼ってあるEシールがあります。
更新後→電材薄型拡散ショートフード
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


アルミ一体 3番の信号機(06KO-H03)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●●●○○○○○○多い
追加情報 自社製後期標準レンズ
<設置場所>宮城県加美郡加美町一本杉
         (場所詳細を再度確認中)

<銘板情報>
警交245版1・1H3D・2002年7月製
<コメント>

非西日対策県に多い、小糸のノーマル電球灯器です。
上の平成12年製の西日対策灯器よりも新しく、どうやら宮城県は両方を採用していたようです。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ



アルミ分割 1番の信号機(06KO-H04)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 ここの1カ所6基のみ
追加情報 試験段階初期型素子ユニット
<設置場所>宮城県仙台市青葉区錦1丁目
<銘板情報>
警交23・1H33AU・平成8年3月製
<コメント>

東北ではここしかないLED初期ユニットです。
LED素子がびっしりと並んでいるのが良く分かります。
肉眼で見た印象では、青LEDが画像よりも更に青いです。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


アルミ分割 2番の信号機(06KO-H05)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●●○○○○○○○多い
追加情報 ブツブツレンズ(標準レンズ)
<設置場所>宮城県柴田郡大河原町字新南
<銘板情報>
警交23・1H33A・平成6年11月製
<コメント>

全国的に設置されていた、ノーマルレンズタイプのアルミ分割灯器です。
他メーカーの同世代デザインと比べて、全体的に丸まった筐体の形をしています。
県内の主要道路にて、そこそこ見ることができます。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


アルミ分割 2番の信号機(06KO-H06)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●○○○○○○○○○多い
追加情報 ブツブツレンズ(標準レンズ)
<設置場所>宮城県白石市沢端町
<銘板情報>
警交23・1H23A・平成6年12月製
<コメント>

全国的に設置県は多いですが、数はあまり多くない灯器です。
県内は、西日対策やそうでないもの、300φと250φものと最近の灯器は結構バリエーションが多いです。
県内での設置数は、少ないと思われます。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


アルミ分割 3番の信号機(06KO-H07)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●●○○○○○○○多い
追加情報 ブツブツレンズ(標準レンズ)
<設置場所>宮城県大崎市古川南新町
<銘板情報>
警交23・1H23A・平成6年11月製
<コメント>

こちらは、アルミの250φが出始めた頃の初期量産灯器です。
そのため、全国的にも数が少なく珍しいのですが宮城県内に限っては意外とあちこちにあります。
県内主要都市を2〜3日探索していると見つかる程度です。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ



樹脂丸型 1番の信号機(06KO-H08)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 ここの1カ所1基のみ
追加情報 渦巻きレンズ(西日対策初期)
<設置場所>宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町
<銘板情報>
警交24・1H33PN・平成3年12月製
<コメント>

東京都、徳島県など、ごく僅かの県にしか設置されていない全国的にも珍しい西日対策灯器です。
樹脂灯器で、このレンズの組み合わせは赤だけ30の秋田県の他は東・北日本では確認されておりません(小糸工業銘板のみでは)。

この交差点に、西側主灯器1基のみの設置です。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


樹脂丸型 2番の信号機(06KO-H09)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●●○○○○○○○多い
追加情報 ブツブツレンズ(標準レンズ)
<設置場所>宮城県黒川郡大和町吉岡
<銘板情報>
警交24・1H23P・平成4年12月製
<コメント>

宮城県内で、時折見かける25cmレンズの樹脂灯器です。
県内では平成の初期、一時的に樹脂灯器が採用されていた模様で「沿岸・内陸」問わず点在して設置されています。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ



金属丸型 1番の信号機(06KO-H10)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●●●○○○○○○多い
追加情報 ブツブツレンズ(標準レンズ)
<設置場所>宮城県柴田郡大河原町字新南
<銘板情報>
警交23・1H23S・平成2年10月製
<コメント>

金属灯器採用県で、よく設置されていた標準的な丸型灯器です。
宮城県内では、平成2・3年前後まで金属灯器を採用していたようですが平成4年あたりより樹脂灯器に採用変更された?ようで、その後アルミ灯器への移行がされた模様です。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 2番の信号機(06KO-H11)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●●○○○○○○○○多い
追加情報 濃色網目レンズ(自社製)
<設置場所>宮城県 遠田郡涌谷町 涌谷字下町
<銘板情報>
警交23・1H23S・昭和55年7月製
<コメント>

全国的に特定の県で残存している、最終楕円型の濃色網目レンズ灯器です。
県内では少ないと思われますが、街中を中心に要所要所で見つけられると思います。
前の世代では側面から見るとクチバシ状になっていますがこちらは他社に酷似したフードになっています。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲設置 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2014年 7月 25日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 3番の信号機(06KO-H12)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 数カ所に残存?
追加情報 ドットレンズ(自社製)
<設置場所>宮城県白石市太平中目字太平脇
<銘板情報>
警交23・1H33S・昭和54年7月製
<コメント>

宮城県内の国道4号線沿いに、堂々とやや古い灯器が設置されていました。
他社に酷似した丸型筐体ですが、フードがクチバシ状になっているのが特徴です。
昭和53年〜55年辺りまでの短い期間に製造されたものかと考えられます。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 4番の信号機(06KO-H13)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●○○○○○○○○○多い
追加情報 濃色網目レンズ(自社製)
<設置場所>宮城県白石市太平中目字太平脇
<銘板情報>
警交23・1H23S・昭和54年7月製
<コメント>

こちらは、上記の灯器と同じ交差点の従道に設置されている直径25cmレンズの灯器です。
他社に酷似した丸型筐体ですが、フードがクチバシ状になっているのが特徴です。
昭和53年〜55年辺りまでの短い期間に製造されたものかと考えられます。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 5番の信号機(06KO-H20)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 数カ所はある?
追加情報 濃色ドット状レンズ
<設置場所>宮城県 岩沼市 南長谷 字玉崎
<銘板情報>
警交23・1H33S・昭和52年11月製
<コメント>

小糸製の旧型丸型筐体ですが、付属のアームが一本釣りアームから標準二本アームに変更された世代の灯器です。
最終丸型(クチバシフード)への過渡期的な灯器で、全国的にも設置数が少ないものです。

宮城県では数箇所での確認ですが、経年劣化で絶滅の恐れもあります。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲設置 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2014年 7月 25日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 6番の信号機(06KO-H14)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 数カ所に残存?
追加情報 濃色網目レンズ(自社製)
<設置場所>宮城県柴田郡大河原町海道東
<銘板情報>
警交23・1H23S・昭和52年11月製
<コメント>

小糸製の旧型丸型筐体ですが、付属のアームが一本釣りアームから標準二本アームに変更された世代の灯器です。
最終丸型(クチバシフード)への過渡期的な灯器で、全国的にも設置数が少ないものです。

宮城県では数箇所での確認ですが、経年劣化で絶滅の恐れもあります。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 7番の信号機(06KO-H15)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 少ない●○○○○○○○○○多い
追加情報 濃色網目レンズ(自社製)
<設置場所>宮城県名取市増田4丁目
<銘板情報>
1H23S・昭和52年4月製
<コメント>

東北では本県と福島県に多い、小糸の一本アーム設置です。
ファンの間では、「包丁未遂」と呼ばれています。

県内では10箇所弱の残存と予想していますが、宮城県下でもLED化が進み絶滅の心配もあります。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 8番の信号機(06KO-H16)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 5カ所以下に残存?
追加情報 濃色網目レンズ(自社製)
<設置場所>宮城県石巻市立町1丁目
<銘板情報>
1H23S・昭和52年4月製
<コメント>

初期丸形の串刺し型の所謂包丁灯器です。
かつては仙台市内に沢山あったそうですが、その殆どが更新されてしまい、今残っているので確認しているのはここだけです。
比較的新しいもので、銘板は「車両用・・・」の種類です。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲設置風景 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 9番の信号機(06KO-H17)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 絶滅
追加情報 ドットレンズ(自社製)
<設置場所>宮城県仙台市宮城野区苦竹1丁目
<銘板情報>
KDH-3S・1972年11月製
<コメント>

一本のアームが突き刺さっている、信号ファンの間では「包丁」と呼ばれる筐体です。
時期からして角形から移行したときの古い丸形です。
包丁の初期型は、裏にロゴマークがあるのが特徴です。

宮城県内で、30cmレンズの包丁型灯器は既に絶滅してしまった可能性が高いです。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲設置風景 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


金属丸型 10番の信号機(06KO-H18)
基本情報
レンズ径 20cm以下 25cm 30cm 45cm
フード 短フード ノーマル 長フード 深フード
県内設置度 数カ所に残存
追加情報 初期の濃色網目レンズ(自社製)
<設置場所>宮城県遠田郡涌谷町涌谷字下町
<銘板情報>
KCH-3S・1972年11月製
<コメント>

一本のアームが突き刺さっている、信号ファンの間では「包丁」と呼ばれる筐体です。
時期からして角形から移行したときの古い丸形です。
包丁の初期型は、裏にロゴマークがあるのが特徴です。
レンズは25cmφ専用の模様で、初期のレンズには格子状の1マス内に三角状の模様があります。
▲側面 ▲底面 ▲裏面
▲レンズ ▲銘板 ▲斜め 設置場所をgoogle mapsで見る(新窓で開きます)
2013年 1月 6日 最終更新 ページ上部へ


ページ上部へ
交通信号機の展覧会TOP信号機画像集都道県別信号機集宮城県・コイト電工横型