交通信号機の展覧会トップへ 青森県 日本信号の信号機
車両用横型灯器
薄型 樹脂丸型  
                            
▲画像をクリックすると該当素材に直接飛びます▲ 
・・・撤去・更新済み
※設置度はあくまでも予測のものなので目安として見て下さい
2009年 8月20日 公式更新(2017年2月23日非公式・レイアウト一新)
※このページ内全ての画像の無断での二次使用を禁止しております。
・このページでは画像リンクにJavaScript・スタイルシートを使用しておりますので
 以上を対応されている環境でご覧頂くことをお勧めします。
・本ページでは素材設置場所のリンク先にGoogle社のストリートビューを利用していますので
 利用できる環境で御覧頂ければと思います。
展覧会TOP信号機画像集県別集青森NS横



薄型 1番の信号機 [02NS-H01]
▲斜め
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下 県内設置度  少ない●●●○○○○○○○多い
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
付加情報 日亜製LED
量産型素子配列
<設置場所>青森県 八戸市 下長3丁目
<銘板情報>[仕様書]警交245 版1 [形式]ED1153A [製造年月]2008(平成20)年10月
<コメント>
2006年頃より全国的に見られるようになり、警交1014になる前まで設置されていたオーソドックスな薄型灯器です。

青森県内では厚型世代と同じ長さのフードが標準的に採用されていたようです。
また、メーカー設置シェアが多い方だったので、所々で見かけます。
横型は八戸周辺などの三八上北地域で見られます。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2009年 8月20日 更新



樹脂丸型 2番の信号機 [02NS-H02]
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下 県内設置度  少ない●●●○○○○○○○多い
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
付加情報 樹脂灯器用網目レンズ
<設置場所>青森県 八戸市 八太郎2丁目
<銘板情報>[形式(型式)]1H33 [製造年月]昭和57(1982年)年7月
<コメント>
樹脂採用されていた地域で設置されていた、三協高分子OEMの灯器です。
他メーカーが昭和50年代からこぞって警交付きになる中、日本信号のみ平成になるまで警交無しの灯器が製造されていました。
他地域では、平成に入るころから六角パターンのレンズが採用されていましたが青森県では引き続き網目レンズが採用されていました。

結構普及はしたようですが、近年のLED化により減少傾向にあります。
更新後→星和薄型拡散(電材筐体) 画像は2009年5月に撮影
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2009年 8月20日 更新



ページ最上部へ
交通信号機の展覧会TOP信号機画像集青森NS横


copyright(c)2004-2017 KOUTSU-SHINGOUKI-NO-TENRANKAI by Godaiko. All rights reserved.
当サイト・ページ内画像の無断二次利用を禁止します。
画像を使用されたい方は、掲示板ないしメールで必ずお知らせください。