交通信号機の展覧会トップへ 青森県 日本信号の信号機
歩行者用灯器
 
           
▲画像をクリックすると該当素材に直接飛びます▲ 
・・・撤去・更新済み
※設置度はあくまでも予測のものなので目安として見て下さい
2017年 3月21日 公式更新
※このページ内全ての画像の無断での二次使用を禁止しております。
・このページでは画像リンクにJavaScript・スタイルシートを使用しておりますので
 以上を対応されている環境でご覧頂くことをお勧めします。
・本ページでは素材設置場所のリンク先にGoogle社のストリートビューを利用していますので
 利用できる環境で御覧頂ければと思います。
展覧会TOP信号機画像集県別集青森NS歩灯



歩行者 1番の信号機 [02NS-P01]
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ LED用レンズ 西日対策 標準 県内設置度 少ない●●○○○○○○○○多い
筐体(NS) 薄型 電材筐体 六角型
(樹脂含む)
弁当箱 付加情報 量産型LEDユニット
<設置場所>青森県 八戸市 下長3丁目
<銘板情報>[仕様書](警交空欄) [形式]ED1321A [製造年月]2008(平成22)年7月
<コメント>
薄型導入〜警交1014になるまで製造されていた、警交無しの薄型歩灯です。
日本信号の薄型歩灯に警交219が振られたタイプはこれまで見たことが無く、警交1014になるまでは警交無しだったようです。
小糸・京三と同じ薄型初期筐体で、特に京三銘板の場合エルボ部分も同じなので銘板だけが見分けの頼りとなっています。

薄型歩灯の導入が早い地域で見かけますが、青森県内では当時薄型への更新が積極的ではなかったようであまり見かけません。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2009年 8月20日 更新


歩行者 2番の信号機 [02NS-P03]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ LED用レンズ 西日対策 標準 県内設置度 少ない●●●○○○○○○○多い
筐体(NS) 薄型 電材筐体 六角型
(樹脂含む)
弁当箱 付加情報 インターレスレンズ
<設置場所>青森県 黒石市 (大字)内町
<銘板情報>[形式]人形 [製造年月]昭和51年(1976年)12月
<コメント>
昭和50年代初め頃に設置されていた、三協製筐体の樹脂歩灯です。
レンズはSTANLEYマークが無く、模様からして恐らくインターレスレンズかと思われますが、昭和50年代半ば以降に見られる同種類のレンズとしては劣化が大きいようにも思えます。
もしかするとインターレスレンズの中の別種類なのかもしれません。

県内では経年劣化で更新され、殆ど残っていません。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年 3月21日 更新


歩行者 3番の信号機 [02NS-P02]
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ LED用レンズ 西日対策 標準 県内設置度 県内に数か所ある?
筐体(NS) 薄型 電材筐体 六角型
(樹脂含む)
弁当箱 付加情報 スタンレー製レンズ
<設置場所>青森県 八戸市 江陽5丁目
<銘板情報>[形式(型式)]人形 [製造年月]昭和50年(1975年)7月
<コメント>
昭和48〜52年頃に製造されていた、通称「弁当箱」筐体の金属製歩灯です。
スタンレー製のレンズですが、後代と比較してレンズの構造が違うようで人形部分に模様が無く濁った感じになっています。
通称「ツルツルレンズ」の後の世代で、昭和40年代〜50年代初頭まで採用されていたようです。

樹脂筐体採用地域でも、かつては設置されていたようですが経年劣化により更新され、現在では絶滅またはそれに近い状況になっています。
青森県も例外ではなく、ここが更新されて以降県内では確認していません。
更新後→三協製薄型歩灯 画像は2009年5月に撮影
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2009年 8月20日 更新



ページ最上部へ
交通信号機の展覧会TOP信号機画像集青森NS歩灯


copyright(c)2004-2017 KOUTSU-SHINGOUKI-NO-TENRANKAI by Godaiko. All rights reserved.
当サイト・ページ内画像の無断二次利用を禁止します。
画像を使用されたい方は、掲示板ないしメールで必ずお知らせください。