交通信号機の展覧会トップへ 福島県 信号電材の信号機
車両用横型灯器
薄型 アルミ
厚型
一体
アルミ
厚型
分離
   
     
▲画像をクリックすると該当素材に直接飛びます▲ 
・・・撤去・更新済み
※設置度はあくまでも予測のものなので目安として見て下さい
2017年11月24日 公式更新
※ページ内の画像の無断使用・盗用お断り
・このページでは画像リンクにJavaScript・スタイルシートを使用しておりますので
 以上を対応されている環境でご覧頂くことをお勧めします。
・本ページでは素材設置場所のリンク先にGoogle社のストリートビューを利用していますので
 利用できる環境で御覧頂ければと思います。
展覧会TOP信号機画像集県別集福島電材横



薄型 1番の信号機 [07SD-H06]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  ここの1基のみの確認
付加情報 量産素子配列
<設置場所>福島県 いわき市 好間町下好間 (字)鬼越
<銘板情報>[仕様書]警交245 版1 [形式]1H3GYR [製造年月]平成18年(2006年)2月
<コメント>
2004年〜2009年頃まで、全国的に設置されていた素子がむき出しになっている薄型LED灯器です。

全国的にはありふれている地域もありますが、福島県内では電材製灯器自体が珍しく、薄型も殆ど見かけません。
2006年頃に、いわき駅前に同じものが一時的に設置されていて、後に施設の建て替え・美装化で京三VAT灯器に更新されたので、これはその撤去品の可能性がありそうです。
現在はこの1か所のみの確認ですが、薄型LED灯器の為いわき駅前に設置されていた残りの撤去品が他の場所で設置されている可能性がありそうです。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年 1月 1日 更新


薄型 2番の信号機 [07SD-H01]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  少ない●○○○○○○○○○多い
付加情報 ブツブツレンズ
(TRAFFICSIGNAL〜)
<設置場所>福島県 須賀川市 栄町
<銘板情報>[仕様書]警交1014 版1 [形式]1H303 [製造年月]2011年8月
<コメント>
薄型LED筐体ベースの電球式灯器です。
白熱電球を取り付けるため、LED用の薄型筐体にプリンカップ形状の出っ張りが裏に付いているのが特徴です。
レンズは日信や京三の電球式に装着されていたのと同じ標準レンズになっています。

銘板は、LED灯器ではないので形式が「1H303L」ではなく「1H303」となっています。

設置数は僅かで、阿武隈山地周辺を中心に数箇所確認しています。
2014年頃更新 更新後→小糸DK2灯器(転用) 画像は2013年12月に撮影
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2014年12月27日 更新



アルミ厚型一体型 1番の信号機 [07SD-H02]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  少ない●○○○○○○○○○多い
付加情報 小粒LED(初期の素子ユニット)
<設置場所>福島県 いわき市 小名浜花畑町
<銘板情報>[仕様書]警交23 [形式]1H33 [製造年月]平成12年(2000年)10月
<コメント>
全国的にも数少ない、警交23世代のLED灯器です。
青だけがちょっと違う配列になっていて素子配列になっていて、更に数も少ないです。
青ユニットを更に見てみると、青緑色と緑色の素子がそれぞれランダムに入っていて色の違いを見ることができます。
また、青ユニットの素子数が少なめで、黄・赤のユニットと素子配列とも異なっています。

県内で初めてLED灯器が登場した時期に登場したものだと思われ、郡山市内を中心に福島市やいわき市などで少数見かけます。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2014年12月27日 更新


アルミ厚型一体型 2番の信号機 [07SD-H03]
▲斜め
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  少ない●○○○○○○○○○多い
付加情報 多眼レンズ
<設置場所>福島県 福島市 南沢又 (字)北番匠田
<銘板情報>[仕様書]警交23 [形式]1H33 [製造年月]平成11年(1999年)2月
<コメント>
アルミ厚型一体筐体の多眼レンズ灯器です。
福島県内のこの多眼レンズですが、何故か一世代古いレンズになっているようです。
この筐体では、他県では遮光板が無いレンズが搭載されていますが福島県のものは遮光板があり、近くで見るとはっきりと見えます。
また、蓋留めのネジが超ネジではなく★型をした特殊なネジになっているのも特徴です(一体型初期に付いている)。

県内で10〜15箇所くらいに点在して設置されています。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2012年10月28日 更新



アルミ厚型分離型 1番の信号機 [07SD-H04]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下 県内設置度  ここと須賀川市、福島市の
計3か所で確認
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
付加情報 多眼レンズ
<設置場所>福島県 いわき市 平 下高久(字)馬場
<銘板情報>[仕様書]警交23 [形式]1H33 [製造年月]平成10年(1998年)2月
<コメント>
アルミ厚型分離型筐体の多眼レンズ灯器です。
筐体(ボディ)の形状が、他社にはない特徴で丁番やフタ留め具部分が目立つぐらいに出っ張っているのが特徴です。

県内では3か所のみの確認で、西対灯器としての試験的な投入だったのかもしれません。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年11月24日 更新


アルミ厚型分離型 2番の信号機 [07SD-H05]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  少ない●○○○○○○○○○多い
付加情報 多眼レンズ
<設置場所>福島県 郡山市 大槻町 (字)美女池上
<銘板情報>[仕様書]警交23 [形式]1H23 [製造年月]平成8年(1996年)10月
<コメント>
アルミ厚型分離型筐体の250mmφ多眼レンズ灯器です。
筐体(ボディ)の形状が、他社にはない特徴で丁番やフタ留め具部分が目立つぐらいに出っ張っているのが特徴です。

同じ300mmφ灯器よりも設置数は多いですが、電材製灯器自体少ない設置で10か所前後しかないものと思われます。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年 1月 1日 更新



ページ最上部へ
交通信号機の展覧会TOP信号機画像集福島電材横


copyright(c)2004-2017 KOUTSU-SHINGOUKI-NO-TENRANKAI by Godaiko. All rights reserved.
当サイト・ページ内画像の無断二次利用を禁止します。
画像を使用されたい方は、掲示板ないしメールで必ずお知らせください。