交通信号機の展覧会トップへ 茨城県 信号電材の信号機
車両用縦型灯器
薄型 アルミ分離型  
                     
▲画像をクリックすると該当素材に直接飛びます▲ 
・・・撤去・更新済み
※設置度はあくまでも予測のものなので目安として見て下さい
2017年10月15日 公式更新
※このページ内全ての画像の無断での二次使用を禁止しております。
・このページでは画像リンクにJavaScript・スタイルシートを使用しておりますので
 以上を対応されている環境でご覧頂くことをお勧めします。
・本ページでは素材設置場所のリンク先にGoogle社のストリートビューを利用していますので
 利用できる環境で御覧頂ければと思います。
展覧会TOP信号機画像集県別集茨城電材縦



薄型 1番の信号機 [10SD-V02]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下 県内設置度  少ない●○○○○○○○○○多い
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
付加情報 TRAFFICSIGNALレンズ
(スタンレー製?)
<設置場所>茨城県 日立市 諏訪町4丁目
<銘板情報>[仕様書]警交245 版1 [形式]1V3 [製造年月]平成19年(2007年)8月
<コメント>
薄型筐体のランプ式灯器です。
LEDユニットを組み込むことを前提とされた筐体ですが、リフレクターを設けるために背面にプリンカップ形状の出っ張り加工が特別に施されています。
形式は「1H3GYR」となりそうですが、「GYR」部分はLEDの場合に付随する形式のようで、ここでは「1V3」止まりとなっています。

薄型LED灯器が既に全国的に標準設置されていた時期に設置されたので、全国規模で見ると少ないですが茨城県内では一時期まとまった数で設置され、横型は所々で見かけます。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年10月15日 更新



アルミ分離型 1番の信号機 [10SD-V01]
▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下 県内設置度  少ない●○○○○○○○○○多い
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
付加情報 多眼レンズ
<設置場所>茨城県 笠間市 東平2丁目
<銘板情報>[仕様書]警交23 [形式]1V23 [製造年月]平成9年(1997年)4月
<コメント>
平成11年頃まで設置されていた、電材分離型の灯器です。
茨城県では、これ以前の電材製灯器が発見されていないためこの代よりメーカーの灯器が導入され始めたものと思われます。
レンズは遮光板の見える、旧型の多眼レンズでフードのビス締め位置は「×」状のタイプのものです。

県内で電材分離型の設置自体が少なく、25の縦型はここだけ確認しています。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2015年 4月11日 更新



ページ最上部へ
交通信号機の展覧会TOP信号機画像集茨城電材縦


copyright(c)2004-2017 KOUTSU-SHINGOUKI-NO-TENRANKAI by Godaiko. All rights reserved.
当サイト・ページ内画像の無断二次利用を禁止します。
画像を使用されたい方は、掲示板ないしメールで必ずお知らせください。