交通信号機の展覧会トップへ 山梨県 コイト電工(小糸工業)の信号機
車両用横型灯器
薄型 アルミ一体型
(D型)
 
樹脂丸型    金属丸型
               
▲画像をクリックすると該当素材に直接飛びます▲ 
・・・撤去・更新済み
※設置度はあくまでも予測のものなので目安として見て下さい
2017年 2月12日 公式更新
※このページ内全ての画像の無断での二次使用を禁止しております。
・このページでは画像リンクにJavaScript・スタイルシートを使用しておりますので
 以上を対応されている環境でご覧頂くことをお勧めします。
・本ページでは素材設置場所のリンク先にGoogle社のストリートビューを利用していますので
 利用できる環境で御覧頂ければと思います。
展覧会TOP信号機画像集県別集山梨コイト横



薄型 1番の信号機 [17KO-H03]
▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  少ない●●○○○○○○○○多い
付加情報 量産2世代目ユニット
(青・黄・赤=9・9・9周)
<設置場所>山梨県 韮崎市 藤井町坂井
<銘板情報>[仕様書]警交1014 版1 [形式]1H3GYRTK2 [製造年月]2010年6月
<コメント>
2009年〜2012年頃まで設置された、警交1014の1世代目薄型筐体の灯器です。
筐体背面には山型のプレスラインがあるのが特徴で、LEDユニットは一部の地域でアルミD型まで装着されていたタイプです。

山梨県内では、厚型世代と同じ長さのフードが一般的に採用されています。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年 2月12日 更新



アルミ一体型 1番の信号機 [17KO-H04]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  少ない●●●○○○○○○○多い
付加情報 量産1世代目ユニット
(青・黄・赤=10・9・9周)
<設置場所>山梨県 北杜市 長坂町渋沢
<銘板情報>[仕様書]警交245 版1 [形式]1H3GYRDK2 [製造年月]2004年5月
<コメント>
2003年〜2005年頃まで設置されていた、量産1世代目のLED灯器です。
LEDユニットは、黄・赤がそれぞれ同じ配列で、青が1周分多い10周になっています。

山梨県では丁度この頃にLED灯器が本格採用され始めたようで、最初は同時期製造のランプ式の歩灯とセットで設置されていたようです。
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年 2月12日 更新



樹脂丸型 1番の信号機 [17KO-H05]
▲斜め ▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  絶滅?
付加情報 濃色網目レンズ
<設置場所>山梨県 甲州市 勝沼町下岩崎
<銘板情報>[仕様書]警交24 [形式]1H23P [製造年月]昭和55年(1980年)9月
<コメント>
海が無い山梨県で、驚くことに樹脂灯器が設置されていました。
レンズは昭和50年代に採用されていた、色の濃いレンズが装着されています。
樹脂灯器採用だった地域と恐らく同じで、これといった変わった特徴はありません。
材質の耐久試験だったのかもしれません。
2014年〜2016年頃更新 更新後→電材薄型拡散灯器 画像は2014年5月に撮影
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2017年 2月12日 更新



金属丸型 1番の信号機 [17KO-H01]
▲設置風景
未撮影・・・ 未撮影・・・
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  数か所にある?
付加情報 濃色網目レンズ
<設置場所>山梨県 甲府市 湯田2丁目
<銘板情報>[形式(型式)]1H23S [製造年月]昭和51年(1976年)9月
<コメント>
昭和49年〜52年頃まで製造されていた、通称一本アーム設置の灯器です。
2004年頃は路地裏を中心にまだ点在して残存していましたが、薄型LEDの設置より殆どが経年劣化により姿を消してしまい2017年現在は殆ど残存していないと思われます。
2012年〜2013年頃更新 更新後→コイトTK2薄型灯器 画像は2006年1月撮影
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2013年 9月 1日 更新


金属丸型 2番の信号機 [17KO-H02]
▲設置風景
▲側面 ▲底面 ▲背面 ▲レンズ ▲銘板
サムネイル式(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
レンズ径 450mm 300mm 250mm 200mm以下
フード ロング
(長)
標準 3/4ショート
(短)
1/2以下
ショート(短)
県内設置度  絶滅
付加情報 濃色網目レンズ(旧型)
<設置場所>山梨県 笛吹市 御坂町金川原
<銘板情報>[形式(型式)]KCH−3S [製造年月]1972(昭和47)年12月
<コメント>
1971〜1975年頃に製造されていた、灯器がくし刺し状になっている、通称包丁タイプのものです。
1972年までは画像のような「交通信号灯器」名称での銘板になっています。
レンズは網目模様に三角模様が入った、旧型のものとなっています。

経年劣化により更新され、現在は恐らく絶滅したものと思われます。
2009年〜2012年頃更新 更新後→コイトTK2薄型灯器 画像は2008年1月撮影
設置場所をGoogleストリートビューで見る(新しいウィンドウで開きます)
ページ最上部へ 2013年 9月 1日 更新



ページ最上部へ
交通信号機の展覧会TOP信号機画像集山梨コイト横


copyright(c)2004-2017 KOUTSU-SHINGOUKI-NO-TENRANKAI by Godaiko. All rights reserved.
当サイト・ページ内画像の無断二次利用を禁止します。
画像を使用されたい方は、掲示板ないしメールで必ずお知らせください。